こんなに雪が降らなかった2月に驚愕している遠藤です。

あまりに暖かいのでサーファーの皆さんも本格始動しています。

というわけで、冬鳥が帰ってしまう前に

センターハウス周辺に来ている冬鳥たちをご紹介いたします。

皆さんもうすぐ見納めですよ!!!

 

先ずは貞山運河で羽を休めている水鳥


マガモ(カモ科)

雄は黄色いくちばし、光沢のある深緑の頭、白い首輪が特徴。ザ・カモって感じです。

マガモ


コガモ(カモ科)

全長37.5cmと小型(マガモは全長59cm)。雄は腰のところに黄色斑あり。

コガモ


ヒドリガモ(カモ科)

雄のピューンという鳴き声は結構響きます。

ヒドリガモ


ミコアイサ(カモ科)

目の周りが黒いので、パンダガモと呼ばれています。

ミコアイサ2


ハジロカイツブリ(カイツブリ科)

目が濃いガーネット色をしています。

ハジロカイツブリ

 


田んぼには・・・


コハクチョウ(カモ科)
オオハクチョウとの見分け方は、くちばしの黄色いところが狭く、
黒色と接する部分が丸くなっています。

コハクチョウ


と言われても見分け方にちょっと自信がない方

これを見たら一目瞭然!

先ずはコハクチョウ

コハクチョウくちばし


そしてオオハクチョウ

オオハクチョウくちばし



 植樹された防災林には・・・

ジョウビタキ(ヒタキ科)

黒い翼の中央に大きな白斑があり、紋付(もんつき)と呼ばれています。

ジョウビタキ


ツグミ(ヒタキ科)

植樹されたクロマツの苗木の下をよく歩いています。

ツグミ


ベニマシコ(アトリ科)

雄は腹部が鮮やかなバラ色で雪に特に映えます。

ベニマシコ


シメ(アトリ科)

くちばしが太く尾が短いのでずんぐりした体形に見えるところが愛嬌があります。

シメ


 

センターハウスでは現在、「貞山堀バードウォッチング」と題した

野鳥の写真展示をしております。

来年度より双眼鏡の貸出も始める予定です。

震災からもどりつつある自然に

野鳥の姿を見つけるのは楽しいですよ。

是非一緒にバードウォッチングしましょう!

今年はこれまで雪が少ないような気がします。

そういう年には必ず、2月3月にドガーッて

大雪が降るんですよね。そう「ドガ雪」。

雪かきが好きな遠藤は、「ドガ雪」を楽しみにしてます♪

 

ビーチコーミング-(1)
そして最近の楽しみがもうひとつ

ビーチコーミング。

ちょっと聞きなれない言葉ですが、

簡単に言うと

浜辺を歩いてお宝さがしをすることです。

きれいな貝や面白い形の流木、

ガラスの破片が波で削られ丸くなったシーグラス

最近ヒトデもみつけました!

ヒトデって本当に★みたいな形なんですね♪

松ぼっくりやクルミも落ちていたりして

山のものというイメージなのに意外でした。

これらはどこからどんな風に流れ着いたのか

想像するのもわくわくしますよ。

 

春になったらツメタイガイの砂茶碗を是非みつけたいなあと

思っています。

砂茶碗
  (ツメタガイは丸く固めた泥の中に卵を産み、その固めた
   泥の形が茶碗に似ていることから、砂茶碗と呼ばれて
   います)

ツメタガイとそのしわざ
  (左がツメタガイ、右がツメタガイにあけられた穴のある貝)
 

センターハウスでは現在ビーチコーミングで見つけた

お宝を展示をしています。

浜辺で見つけた新しいお宝を譲っていただける方

募集しています。

ビーチコーミング展示-(1)
 

さあ、みんなで浜辺に宝探しに出かけよう!!

 

★☆★☆★☆★☆★☆★

海岸公園センターハウス

TEL/FAX022-288-4021

休館日:火曜日

★☆★☆★☆★☆★☆★

IMG_8585
(2019年元旦の日の出 海岸公園避難の丘より)

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月は、暴飲暴食に猪突猛進してしまった遠藤です。

ところで皆さん初夢はみましたか?

昔から初夢にみると縁起がいいとされるのが

“一富士二鷹三茄子”です。

皆さんの初夢にはどれか登場しましたか?

初夢にはどれも出てこなかったけど、
縁起がいいものなのでどれでもいいからみたいという方
初夢はこれから、脳裏に焼き付けておけば出てくるかもとという方に
是非おすすめです。

海岸公園付近で見ることができる鷹(タカ)の仲間をご紹介いたします。


2017.7.26 トビ

トビ(タカ目タカ科)

必ずと言っていいほど出会えるお馴染みの鳥です。

特徴は尾羽が三味線のバチのような形をしてるところです。

翼開長が1.5mにもなりかなり大型です。



2017.4.13 ミサゴ

ミサゴ(タカ目タカ科)

魚を主食とする「海のタカ」と呼ばれています。

運が良ければ貞山堀で魚をハントしてるところが見れるかも!?



ハヤブサぶろぐ

ハヤブサ(タカ目ハヤブサ科)

東北新幹線の名前にもなっているだけあって、獲物を襲うときのスピードは

時速300kmにもなるそうです。頬にひげのように見える黒斑が特徴です。

なかなか見れない鳥なので、見つけたらそれだけでラッキー!!



ハイイロチュウヒ (1)

ハイイロチュウヒ(タカ目タカ科)

冬鳥としてヨシ原に飛来します。震災後、ようやくヨシ原ももどりつつあるので
来てくれたのでしょう。(写真は
20181223日撮影)
チュウヒは両翼を
V字型にして飛ぶのが特徴。

腰が白いのがハイイロチュウヒ。ハイイロチュウヒは特に数が少ないので、

出会えた方は、今年は良い年まちがいなし!


海岸公園センターハウスでは、テラスから貞山堀で羽を休める水鳥たちも観察できます。
今年もたくさんの方々のご来場、心よりお待ちしております。
是非お気軽にお越しください。


★~★~★~★~★~★~★~★
仙台市海岸公園センターハウス
住所:仙台市若林区荒浜字北官林30
℡fax:022-288-4021
休館日:火曜日
★~★~★~★~★~★~★~★





↑このページのトップヘ